社長からの手紙

上高地自動車TOP > 未完の自伝 > シーズン4|1965年 青雲の志、中央大学入学 学生運動

シーズン4|1965年 青雲の志、中央大学入学 学生運動

2024.04.11 2024.05.16

私は、1965年に大学に入学し、不正と理不尽な世の中に憤慨し、青春の全てを学生運動に注ぎ込んだ。
2年の夏には自治会委員長、2年の12月には、全中闘委員長として全国で初めて学生単独管理の学生会館を獲得した。

3年のときには、大学が学費値上げをやるという情報を入手したので、総長宅に乗り込み、密かに大学の決算書を入手して、莫大な利益が出ているにも拘わらず学費を値上げするという、学生を食い物にする大学側の暴挙に憤慨。全学をバリケード封鎖し、白紙撤回を勝ち取った

以降、ベトナム反戦、新東京国際空港成田建設反対闘争、防衛庁突入と東京都学連書記長、全学連書記局として最前線で闘った。

不正と理不尽が大手を振ってまかり通る世の中を糾弾し、撲滅しようと怪我だらけになって闘った。殺されかかったことも2回あった。2回とも死ななかったが、私は、戦争を忌避し、国の将来を憂え、何が正義なのかを訴え、たとえ、そのために死ぬことがあっても受け入れる反戦ピュアラジカルだった。

振り返って考えれば、1960年代の学生運動は、チボー家のジャックと同じ道を辿ろうとしていたのではないだろうか。

(つづく)

シリーズ目次

                               
プロローグ
はじめに
シーズン1:1947年  
敗戦、帰還船、ビルマの竪琴
シーズン2:1960年  
60年安保、チボー家の人々
■ シーズン3:1962年 
松本深志高校、格闘家型剣道、宿題はマルクス、「渚にて」強行上映
シーズン4:1965年 
青雲の志 中央大学 学生運動
■ シーズン5:1966年 
全中闘委員長、全国初学生単独管理学生会館獲得
■ シーズン6:1967年 
佐藤首相ベトナム訪問阻止羽田空港突入
岩波映画「羽田闘争・現認報告書」主演
■ シーズン7:1968年
新東京国際空港は東京湾上に作れ!
成田空港公団突入総指揮、防衛庁突入総指揮、巣鴨プリズン改革
■ シーズン8:1969年
6月保釈出所、7月ブンド分裂/学対部長、9月ブンド離脱赤軍派へ
11月首相官邸突入部隊全員逮捕壊滅
■ シーズン9:1970年
1月中央人民組織委員会委員長、全国長征:長征軍隊長
■ シーズン10:1970年
2月政治局北朝鮮方針に反対、北朝鮮反対派多数戦線離脱
■ シーズン11:1970年
3月15日別件逮捕。3月31日:よど号ハイジャック発生「黒幕?」として起訴
■ シーズン12:1970年
長期拘留裁判  獄中への一通の手紙
■ シーズン13:1984年
最高裁で謀議当日のアリバイが証明
しかし判決は有罪。監獄改革/提案制度
■ シーズン14:1987年
早期仮釈放嘆願10万人署名 仮釈放内示
大韓航空機爆破事件発生、仮釈放取消
■ シーズン15:1989年
プリズン留学累計12年
満期出所し、友人たちがバスで出迎え松本帰還
■ エピローグ